債務整理の口コミや評判…あまり参考にはしない方がいいのかも。。

借金の悩みってできることなら!会社や家族に知られたくないです…かといってどこへ借金の相談をすればいいのかって分からないですよね。

 

自分で法律事務所を探すにしてもたくさんありすぎて、どこへ相談すればいいのか分からない。。

 

そこで実際に債務整理を受けた方々の口コミや評判を見てみると、たくさん見つかります。

 

…ただ、内容的には大雑把なものばかりが殆ど。まぁ参考にはなるけれど…いざ、自分に合う法律事務所を探す参考になるかといえば・・・これがならないんです^^;(※ネットの口コミ評判は作られたものが大半だということも認識しておいた方が良いです。)

 

そこで、便利なのが街角法律相談所の無料借金減額シミュレーターです。

 

借金を減額できる手続きを行ってくれる相談所や法律事務所」を簡単な質問に答えるだけで自分にぴったりの相談所を見つけることができるからです!

 

 

 

街角法律相談所のココに注目!!

 

  • 解決実績は15,000件
  • 全国190件以上の事務所が参加!ユーザーにあった法律相談所の提案
  • 利用は完全無料・24時間相談受付
  • 実名・住所などの入力は一切なし

債務整理について確認しましょう!

債務整理には大きく分けて2つの解決方法があります。

@払い過ぎてしまったお金(金利)を取り戻す方法「過払金返還請求」

 

A借金の返済を行っていく方法「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」

 

【過払金返還請求】
過払い金というのは貸金・金融業者に対して支払い過ぎてしまったお金のことを言います。

 

そして、主に国で定められている利息制限法を超えて設定された利息に対して支払った超過分のお金を取り戻すこと…これを過払い金返還請求と言います。

 

この過払金については貸金・金融業者からの借入利用が5年を超えると多くの場合で過払金が発生しているようです。

 

また既に借金の完済を終えている場合でも10年以内であれば過払い金返還請求を起こす事ができブラックリストへの登録もありません。

 

 

【任意整理】
弁護士、司法書士が債権者である金融機関へ交渉を行い、借金の減額や返済方法の交渉を行う方法です。

 

簡単に言うと任意整理は…借金の額を減らして重い金利負担から開放される手続きの事を言います。

 

借金はできるだけ返したいけど利息だけはどーしても払いきれない!という人などにピッタリなのが任意整理という手続きとなります。

 

 

【個人再生】
住宅ローン以外の債務を減額する代わりに住宅が残るという大きなメリットがあるのが個人再生です。

 

返済は3年の期間となりまた、裁判所を通して債務を大幅に約1/5程度、免除できます。

 

自己破産だけは絶対にしたくない、住宅を残したいという場合に用いられる債務整理の方法となります。

 

 

【自己破産】
裁判所に対して破産申立を行い、全ての財産を差し押さえることで借金の支払い義務から免除されることをいいます。いわば、債務整理の最後の手段となっています。

 

財産を手放す必要はありますが自己破産を行うことで多重責務からの苦しさから逃れることができます。

 

自己破産は多重責務に陥った人々を救う為の国が作った救済方法ですので、本当に困った時に利用するべき手段となっております。

 

 

 

債務の減額方法、月々の返済額など気になる整理後の状況もスグに把握することが可能です!
実名、住所などの入力無し。簡単な質問に答えるだけの40秒診断!!

 

 

 

 

 

 

 

弁護士に債務整理を頼む場合、費用は分割払い出来ることが多いです。

借金を抱えて債務整理するしか選択がなくなった人がもっとも困るのは、債務整理の費用をどのように捻出するかということです。

 

多重債務者の場合、返済に追われて自由に使えるお金がいくらもないということが少なくありません。返済をしなければ取り立てがあるので、どうしても収入は返済に回すしかなく、その分、自由に使えるお金がなくなってしまうわけです。

 

債務整理にかかるお金はどれぐらいになるのかというと、自己破産は十万円を超えるのが一般的ですし、任意整理の場合でも一社あたりの和解交渉が2万円として、和解先が5社あればやはり十万円ということになってしまいます。

 

ただ、これらの費用は分割払いでもいいとしている弁護士や司法書士は多いです。というのは、多重債務者の困窮状態はわかっているので、一括で支払うのは難しいと理解しているからです。なので、一括で支払えない場合は分割払いでお願いしてみましょう。

 

債務整理をする場合、弁護士が受諾してからしばらくの間、貸金業者は督促を行うことが出来ず、また、今までの契約に基づいて返済する必要もないので、本来であれば返済に充てる費用を弁護士への支払いに回すことが出来ます。なので、考えているよりも長期の分割払いにならずに済むことも多いです。

 

もしかすると債務整理の相談にかかる費用面で迷っており、相談を躊躇しているという場合も多いのではないでしょうか?ですが…まずは、とにかく無料相談を利用して弁護士や司法書士に少しでも早く相談をするのが良いです。